TITLE

ランプライトブックスホテル福岡 本と自分に向き合う時間とコーヒー

UPDATE 

先日の投稿「ランプライトブックスホテル福岡 お部屋と朝食をたっぷりご紹介」では、ホテルのお部屋を中心に記事を書かせていただきました。

ひとりでお篭りする時にぴったりのお部屋。旅は観光&グルメがメイン!だけど、泊まる時はちょっとオシャレでいたい、そんなふたりにぴったりのお部屋。ちょっと日常に疲れて、静かな1日を過ごしたい時に訪れたくなるお部屋。

104室あるお部屋は全6タイプ。ひとつひとつのお部屋を見ていると、そこに訪れる人がほっと一息ついているような様子がイメージが伝わってきました。今日はちょっとだけ視点を変えて、ホテルに滞在する時間にフォーカスしてみようと思います。

ランプライトブックス福岡 <本に囲まれる空間を味わう> 

ランプライトブックスホテル福岡

ランプライトブックスホテルに一歩入ると、目の前に広がるのは、天井まである大きな書棚とホテルの名前にもなっている「ランプ」の明かり。映画「美女と野獣」のような本が目の前に広がる世界はやっぱり気持ちは上がります。

ランプライトブックスホテル福岡 大人になってからビジネス書に触れるばっかりで、小説をじっくり読む機会がなくなってしまいました。恋愛小説を読んで甘酸っぱい気持ちを感じたり、こんな恋愛をしてみたいなーと思っていた高校時代や、夏目漱石の心を読んでこの理解で私は本当に合っているのか?と自分の解釈力を問いただしていた頃が懐かしいです。

ランプライトブックスホテル福岡では「旅」と「ミステリー」をテーマに4,000冊が集められているそうです。私は得に「旅」が好きなので、その世界に没頭できるのはとても嬉しく感じました。

ランプライトブックスホテル福岡 カフェ今回見つけたのは、ホテルの室内アートの書籍になります。世界各国の有名ホテルに実際泊まった、アーティストの方が水彩画で部屋の見取り図やインテリアを書いているものです。

世界中のホテルに行きたい私にとって、こんな幸せな本はありません。以前から気になっていたのですが、Amazonで見ていただけだったので、現物で見るのははじめて。またホテルに行った時には購入して帰ることにします。(ブックスライトホテル福岡の1階は24時間営業の本屋さんなんですよー♪♪)

ランプライトブックスホテル福岡 <優しい光に包まれる時間>

ランプライトブックスホテル福岡 照明

「本に没頭できる部屋」をテーマに部屋づくりがされていると伺っていましたが、一体どういうことなんだろうと泊まる日まであまり理解していませんでした。調光可能なお部屋の照明や手元を照らすライトがあったことも存じ上げていましたが...

気づいたのは宿泊した日の夜でした。せっかくだから...と思い、長い時間、本を開いていたのですが、目が疲れないんです。これ不思議っ!(個人の体験談です!) 

調光はできるとしても、明るいライトに日々触れているので、この優しい電球のライトがとても心地よく...このくらいの明るさでも十分に生きていけるのだと改めて実感しました。なんだか優しい気持ちにもなれます。

ランプライトブックスホテル福岡 <かわいさと思い出と>

ランプライトブックスホテル福岡 ルームキーのサムネイル画像ホテルに泊まる時に気になるのが、ルームキーだったりします。ホテルによってルームキーはさまざまで、お土産(スーベニア)としてプレゼントされているホテルもあるくらい!

ちなみに、ランプライトブックスホテル福岡さんは、このルームキーのケースがお土産になるんです。写真をよく見ると、黄色のロゴの周りに点線が見えませんか...?? 使い終わった後は、この点々に添ってカットして、しおりとして使えるのです!もーサプライズ。

自分のお気に入りをしおりとして使われる方もいらっしゃいますが、ホテルの名前が入ったしおりだなんて、見る度に思い出せる素敵なアイテムですよね。ぜひ持ち帰っていただきたいです♪

ランプライトブックスホテル福岡 そして、お部屋で見つけていただきたいのが、この案内ボード!ここにもランプライトブックスホテルさんらしさが溢れ出していました。よくホテルにあるのが、「DO NOT DISTURB」と書かれたものですが、意味は「部屋に入らないでください」「邪魔しないでください」なのですが... 

「NOW READING」本を読んでるから話しかけないでね...って可愛い!!これはもう写真撮りたくなりますよね。本に集中させてくれる、そんな優しさを感じます。

ランプライトブックスカフェ福岡 <こだわりのコーヒーとお食事を...>

ランプライトブックスカフェ福岡

ランプライトブックスカフェの営業時間は24時間(フード提供時間は別途分かり次第記載しますね!)いつでも安心して美味しいコーヒーが飲めるって、居場所があるようで嬉しいものです。しかも本を読みながら、時間も気にせず味わえる。それが福岡の大名にあるって、本好きにはたまらないでしょう...

しかもコーヒーはフグレンさん!実は昔、東京にフグレンさんが進出された時に、東京の店舗には伺ったことがあるんだってことを、今回この記事を書きながら思い出しました...

この数年で福岡でもコーヒー文化が醸成されたので、また新しいコーヒースポットとして話題になりそうです!

DO2460328 2.JPG

そして、やっぱりおすすめしたいのが、美味しいブレッドの数々!クロワッサンサンドとハードパンのホットドック!どちらもお腹いっぱいになるくらいのボリュームで...これはお昼にカフェ利用もありだな...と心に決めました。

ランプライトブックスカフェ福岡 メニュー先日、撮影に伺った際にパンの撮影をさせていただきました!実はこの時にかなりの数を試食させていただいたんです!どれも美味しくて...!

ランプライトブックスカフェ福岡
あえてオススメを選ぶなら...!!県外からのお越しの方にはぜひこちらの「ホットドック明太チーズ」をご賞味くださいね♡ハードパンといいつつも、食べやすい硬さなので、思いっきりモグモグしていただきたいと思います!この記事を書きながら、お腹空いてきました。

ランプライトブックスホテル福岡あとは甘いもの好きなあなたには...!こちらの「バナナチョコクロワッサン」をおすすめ!もうね、香りが漂ってきます。バナナの香りがガツーーーンと!甘いものを食べる幸せ。しかもクロワッサンの甘味もあり。こちらはデザートですが、メインのパンを食べた後にふたりでシェアして楽しむのも良さそうです。

ランプライトブックスホテル福岡 朝食ホテルに宿泊された方限定での朝食セットがこちらになります!お好きなパンとサラダにドリンク。シンプルだけどしっかりボリュームがあって、大満足でした。

1階カフェエリアで食べるのもよし!お部屋に持って上がって食べることもできるそうです。ゆっくりしたい時はお部屋で食べるのも心地良さそう。ひとりひとりの快適な時間を追求してほしいなーと思います。

編集後記

まずは撮影したこちらの動画をご覧ください。(無音なので映像を楽しんでくださいね♪)

ランプライトブックスホテル福岡に滞在してみて、いつもとは違う時間の流れを感じていました。県外に出張に行けばホテルに逃避行できるのですが、いつもそういうわけにはいかない...

だけど、ひとりゆっくり考え事をしたり、読みたかった本をただただ読む時間を意識して作れるってとても豊かなことなんじゃないかと思うのです。コーヒーを淹れる時の香り、スタッフ同士の会話、足音、ドアが開く音、そしてその時に入ってくる外の風、余韻にひたりながら、本棚をなんとなく眺めてみたり。普段なら何気ないことが、場所を変えるとどれもが愛おしく感じました。

ランプライトブックスホテル福岡、ランプライトブックスカフェは12/1にオープンを迎えます。これから多くの方が訪れ、思い思いに過ごしながら、福岡という街に触れるきっかけとなったり、誰かの居場所になったり、何かがはじまる場所だったら嬉しいな〜って思います。

私もまた訪れる予定なので、その時にはレポート投稿させていただきますね!

ランプライトブックスホテル福岡 詳細

DO2460832.JPG

住所:福岡市中央区大名1丁目15-22
TEL:092-720-7711

予約はこちらから!
https://www.lamplightbookshotel.com/fukuoka/

アクセス:
地下鉄空港線「天神駅」下車、3番出口より徒歩8分
地下鉄空港線「赤坂駅」下車、5番出口より徒歩6分
(天神駅3番出口利用可能時間は7:00〜22:00)

ライター

author3_thumb.png

服部恭子

福岡出身。大学在学中より、SNSを活用しカウンセリングサロンを主宰。2011 年よりSNSの活用に関する講師活動を行いながら化粧品のプロモーション、海外ウェディングPR、政府観光局主催のトラベルレポーター等を多数経験する。ラグジュアリーホテル&ホテルスパが大好きで年間100泊以上をホテルで過ごす。