TITLE

生理期間がこんなに楽に過ごせるなんて!「Femtech(フェムテック)」商品を駆使して、生理=苦しいの常識を塗りかえよう

UPDATE 

こんにちは!前回は「Femcare(フェムケア)」についてお届け致しました。今回は、女性が毎月向き合っている「生理」をびっくりするほどラクにしてくれるアイテムたちをご紹介します!生理用ナプキンやタンポンしか使ったことがない、そんな方に特におすすめしたいミミヨリ情報。

 

生理対策のアイテムたちは「フェムテック商品」にカテゴライズされることが多いです。フェムテックとは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせて生まれた造語のこと。女性の健康課題を解決するようなサービスを指し、いま最も注目されている分野のひとつなんです!

 

新しいアイテムを試すたびに、「現代の技術はここまで進んでいたんだなぁ」と感動することばかり。
せっかくなら、知っておかないともったいない!

 

生理の期間を快適に過ごせるようになれたら、もっとストレスフリーにお仕事に臨めたり、ゆったり穏やかなくらしが実現するはず。今日もあなたに寄り添う商品やサービスを少しでもお届け出来たら嬉しいです。ぜひぜひ、最後まで読み進めてみてくださいね!

 

第三の生理用品「月経カップ」

menstrual-cup-5459190_1920.jpg

シリコン製のカップを腟内に挿入することで「経血を受け止めてくれる」月経カップ!
この画期的なアイテムは、第三の生理用品とも呼ばれています。

・長い時間使える(なんと最長12時間までの使用が可能なカップも)
・破損しなければ繰り返しずっと使える

・エコフレンドリー
・デリケートゾーンがムレない
・経血漏れがなく快適

 

月経カップを入れると「そういえば今生理だよな」なんて、生理中であることを忘れる瞬間も。お仕事が忙しくてなかなか生理用ナプキンを替えられない女性にもうれしいアイテムです。

 

カップを着脱するタイミングは自由なのですが、朝晩お風呂で取り替えることをおすすめします。トイレで着脱もできるのですが、どうしても指先に経血がついてしまうので、すぐに洗い流せる環境の方がいいと思います。

 

朝にカップを挿入し、夜に帰ってきてお風呂場でカップを取り出してたまった経血を捨てる。寝る前に再度カップを挿入しておけば、寝ている間も一晩中カップが経血を受け止めておいてくれます。

 

なお、経血は栄養分が豊富なので、使用前後にきちんと殺菌消毒するケアが欠かせません。専用のシリコンカップをあわせて購入しておけば、熱湯を注いでレンジでチンするだけで殺菌完了できるのでラクチンです。

 

月経カップはいろいろな種類が販売されていますが、日本人の女性ユーザーを想定して作られた「ローズカップ」が一番おすすめです!

 

スクリーンショット 2021-05-18 11.45.00.pnghttps://www.rosecup.jp/

海外製(とくに欧米系)だと、アジア人とは想定される腟のサイズが違うので、経血漏れにつながることも。ローズカップは、腟内で開きやすい素材感ですし、漏れにくくてとても使いやすいです。日本人女性の好意的な口コミも多数寄せられているので、最初の一つには最適なチョイスですね!

 

 

パンツを履くだけでOK「生理ショーツ(吸水ショーツ)」

 スクリーンショット 2021-05-18 11.49.29.png
https://withbe-a.com/

ショーツに吸水性の生地が使用されていて、履くだけで経血を吸水してくれるのが「生理ショーツ(吸水ショーツ)」ここ数年で、日本製のブランドも次々に生まれてきています。

 

ちなみに、尿漏れなどの水分も吸水してくれるので、使い途は生理だけではないことから「吸水ショーツ」とも呼ばれます。パンツを履くだけでいいなんて...。そんなに楽しちゃっていいのかな?って感じですよね。いいんです、どんどん楽しちゃっていいんです!(笑)

 スクリーンショット 2021-05-18 12.06.12.pnghttps://withbe-a.com/products/be-a-signatureshorts/

写真のBe-A(ベア)というブランドの吸水ショーツは、タンポン12本分(120ml)の吸水量を誇り、ちょっとやそっとの経血量では簡単に漏れない仕組み。

 

ただし、ベアだけに限らず、経血の多い日に単体で使用すると、水分をたっぷり含んだショーツがタプタプになって不快感を覚えることも...。また、吸水生地のお手入れには手間がかかるショーツがほとんど。まず最初に重曹で煮て血抜きしたり、乾燥機にはかけられなかったり。さらに、1枚4,000円ほどするものも少なくないので、何枚も購入するのはハードルが高いかも。

 

そこで、おすすめの使用タイミングは、絶対に漏れたくない「ここぞという夜にだけ使う」こと!前述の月経カップや、後述のソフィシンクロフィットと組み合わせて寝るもよし、吸水ショーツに生理用ナプキンを敷いて寝るもよし。抜群の安心感でぐっすりと就寝することができますよ!

 

なお、生理終わりかけのダラダラと少量の出血が長引くストレスフルな期間に、ショーツを履いてサラッと過ごすのも心地がいいです。ショーツさえ履いてしまえば、一日中ケアせず放置していてもOKなので、とってもラクですよ!

 

お風呂上がりにも大活躍!「ソフィシンクロフィット」

1_cb375ef4c87e19dffe2a6d487767547d.jpeg

https://laundrybox.jp/products/syncrofit/

 

「この商品知ってる...?使ったら手放せなくなるから、一度試してみて!」
友人同士やSNSで、そんな口コミがじわじわと広がっている生理用品が「ソフィ シンクロフィット」。2005年に発売されたものの、なんと15年近くも認知度が上がらなかった商品。

 

しかし「なくさないで」「もっと広まって欲しい!」とのユーザー支持が根強く、今でもTwitterを中心に「#がんばれシンクロフィット」というハッシュタグでの使用レビュー投稿が後を絶ちません。最近になって、薬局の棚でもグッと見かける頻度が増えてきています!

 

...このストーリーだけでも「いったいどんな使用感なんだろう」と気になるところですが、実際に使ってみると、クチコミ通り本当に快適なんです!

 

経血の出てくる部分にコットンを挟む仕組みなのですが、この小さなコットンは生理用ナプキン2時間ぶんの吸水力をもっているのです。
しかも、個包装の紙も、コットン本体もそのままトイレに流せる、画期的にストレスフリーな商品!

 

生理中でもなかなかトイレに行けないようなお仕事をされている女性や、多い日の漏れが心配な方、また、月経カップの少量の経血漏れを受け止める用途など、幅広く使用できます。

 

イチオシの使用方法は、「お風呂上がりの止血!!!」

 

正確には止血ではないのですが(笑)、生理中のお風呂上がりで、バスマットや床に経血がボタボタッと落ちてしまった経験はありませんか...?生理用ナプキンをすぐ当てようにも、いったん体を拭いてからでないとパンツを履けないので、その間にどんどん垂れてきてしまう...なんてこともあり、地味に困るワンシーンなんですよね。

 

でも!体を拭く前に、ソフィシンクロフィットをサッと挟んでおけば、吸水処置が完了するんです!かなり便利なので、ぜひいちど試してみて欲しいです。

 

オンライン診療で低用量ピルを受け取れる「スマルナ」

スクリーンショット 2021-05-18 12.22.02.png

 https://smaluna.com/

スマホアプリでピルのオンライン問診・診療・決済・商品発送が完結する「スマルナ」が、テクノロジー系フェムテックとして注目されています。コロナ禍で外出は控えたいけど、婦人科やレディースクリニックに行ってピルを購入したい...そんな需要にぴったり応えてくれるアプリです。

 

緊急避妊薬(アフターピル)も扱っているので、もしものときの備えとしてインストールしておくだけでも価値があります。

 

注文する時間帯が早ければピルの当日発送も可能で、住所が近ければ翌日にはポストに投函してもらえます。家にいながらすぐにピルが入手できるのはありがたいですね!

 

また、多くの医師がアプリに常駐していて、チャットで気軽に質問・相談ができます。

 

ホルモン剤である低用量ピルは、服用を継続すればほぼ確実に避妊ができる手段。(性感染症予防には、コンドームを使用する必要がありますが)女性が自分の体をコントロールする手段として、欧米では一般的な低用量ピル。しかし、日本での利用率はまだまだ低いのが現状です。

 

低用量ピルには避妊以外のメリットも多く、ホルモンバランスを整えられ、妊娠を想定しない生理をなくして体への負担を減らすことができます。

 

・月経周期を整える
・月経過多の改善

・PMS(月経前症候群)の改善
・肌荒れの改善
・月経痛を緩和させる効果
・子宮体がん、子宮頸がん、卵巣がんなどのリスクを下げる
・生理日をずらすことができる

 

私自身も、低用量ピルを一定期間服用し続けて、生理の症状が軽くなったり、PMSがかなり軽減されたように感じています。(もちろん個人差はあります)

 

低用量ピルには通常、休薬期間中に計画的に生理を起こすように設計されています。ただ、ヤーズフレックスという休薬期間がない種類もあり、服用をやめない限りずっと生理のない生活をすることもできます(妊娠有無のチェックで3ヶ月ごとに生理を起こすのが推奨されていますが)

 

便利な低容量ピルですが、注意点も。ピルには種類ごとに体質に合う・合わないがあります。加えて、血栓症になる確率も上がるので、リスクを把握した上で使用することが重要です。

また、体が慣れるまで数ヶ月かかるとも言われているので、「合うピルを探して」「継続的に服用する」ことが快適な利用には欠かせません。

 

編集後記

生理といえば生理用ナプキン。そこで完結していませんか?

 


もちろん生理用ナプキンはありがたい発明なのですが、あなたの生理期間をもっともっと快適にできる選択肢が増えてきているんです!生理との付き合い方はだんだん固定化してきますし、体のことだから、なかなか新しい変化を取り入れるのには勇気がいりますよね...。

 

でも、この記事を読んだ機会にぜひ、気になったアイテムにチャレンジする「プチ冒険」をしてみませんか?さらに自分の体に向き合えて、ストレスフリーで豊かな時間を過ごせるようになるはずです!

 

この記事にたどり着いたのであれば、ひとつ何かのきっかけになれば幸いです。
またお会いしましょう!

ライター

竹村玲奈

福岡出身。大学在学中より、SNSを活用しカウンセリングサロンを主宰。2011 年よりSNSの活用に関する講師活動を行いながら化粧品のプロモーション、海外ウェディングPR、政府観光局主催のトラベルレポーター等を多数経験する。ホテル&ホテルスパが大好き。