TITLE

猛暑に要注意!キホンの熱中症対策

UPDATE 

梅雨が明けたと喜んだのもつかの間、連日の猛暑に溶けてしまいそう。気温40℃を超えるニュースもちらほらで、これまで体験したことのない未知の暑さとなってきました。今年はさらにマスクが追い打ちをかけて体感気温は例年以上!そんでもってステイホームで運動不足の身体は暑さに弱くなっている...。いろんなことが相まりすぎてなにかの試練なのか?修行なのか?と思ってしまいます。こまめに水分補給をしていても隠れ熱中症なんて言葉も生まれていますから油断は大敵。コロナ対策も十分にとりつつ、今年は熱中症対策も念入りにお願いします!ということで今回はキホンの熱中症対策と覚えておいてほしい手軽な対策法を伝授いたします。

キホンの熱中症対策

~飲み物編~

熱中症対策でまずはじめに思い浮かぶのは水分。ただ水分を取ればいいっていうほど甘くないのが夏の飲み物事情。できるだけ意識して飲み物は選ぶようにしましょう。

3585302_s.jpg

・キホンの飲み物

水、麦茶などのノンカフェイン飲料がキホン。ルイボスティーや黒豆茶、コーン茶などでもミネラル補給ができます。そして運動や外出で汗をたくさんかいたときは、スポーツドリンクでエネルギーとミネラルを補うのがおすすめ。ついつい飲みたくなってしまうコーヒー、紅茶、アルコールは利尿作用で飲んだ分以上の水分が身体から出ていってしまうので要注意。これらを飲むときには水も一緒に飲むようにすると身体の水分を保つことができます。

~食べ物編~

実は食べ物で熱中症対策ができるんです。体温を下げようと大量にかく汗には塩分が多く含まれるため、身体はカリウム不足になってしまいます。夏バテにならないよう日頃の食事から予防していきましょう!

3771312_s.jpg

・キホンの食べ物

カリウムの他にビタミンB1やクエン酸の補給も大事。カリウムは海藻や肉魚、夏野菜に多く含まれ、ビタミンB1は豚肉や大豆、きのこ類で摂取することができます。そして夏バテにならないように梅干しやレモンに含まれるクエン酸で疲労回復を促しましょう。旬の食べ物にはその時期に必要な栄養素が多く含まれていますのでバナナやズッキーニ、トマトにキウイなど夏に美味しい食べ物を積極的に食べるようにすると熱中症対策になります。

 

超手軽な熱中症対策「手のひら冷却」

効率的に体温を下げる方法として注目されている「手のひら冷却」。運動するときはもちろんスポーツ観戦や外出先でも手軽にできる熱中症対策です。そのメカニズムはNHK番組『金のベンリ堂』で紹介されました。(参照:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1018.html

3506395_s.jpg

身体のラジエーターの機能を持つ手のひらを冷やすことで、体温を下げることができるのです!ただ冷やせばいいというわけではなく、適温は15℃が最適とのこと。自動販売機で買ったペットボトル飲料を手で持つのが手軽で効果的。さらには適温のアイスバッテリーも販売され、水分補給以外の熱中症対策として覚えておきたいですね。

mono47614368-190903-04.jpg

https://www.ma-sports.biz/

まだまだ暑い日が続きますから日頃の食べ物、飲み物から意識して熱中症対策をしつつ、元気にこの夏を乗り越えていきたいですね! 

ライター

pintos staff